自動車保険の節約術

自動車保険について

更新日:

まず、自賠責保険(強制保険)について簡単に説明しましょう。

これは、クルマを購入した時点で、加入しなければならない、いわば強制保険のことで、保障は人身事故のみが対象になります。

補償額は、傷害時で120万まで、死亡時で3000万円までが支払われます。



重大な事故になると、これらの補償額を越えるケースがあり、物損事故に関しては保障されません。ですから、それらを補うための保険が必要なわけです。



事故は、自分さえ気を付けていれば起こらない!そうとは限りません。いつどんな形で事故に遭遇するか、または巻き込まれるか、予測がつきません。万が一のためにも自動車保険は必ず加入しておきましょう。



自動車保険は、所有しているクルマの対して、契約する保障です。

要するに、クルマを2台所有している場合は、それぞれ1台ずつに保険に加入する必要があるということです。まちがえないように!



それでは、自動車保険は、どんな補償をしてくれるのか?保険の内容を載せましたので、よく理解しておきましょう。



対人賠償責任保険(対人保険)

相手を死傷させて、損害賠償責任を負った場合に、自賠責保険の枠を超えた分を補う保険。最近では対人賠償の保障額は、1億円を超えるケースもあるので、できれば無制限で設定することが望ましい。




対物賠償責任保険(対物保険)

相手のクルマ、家、ガードレール、電柱などに損害を与え、損害賠償責任を負った場合に対応する保険。 破損させた物が高額な場合があるので、その辺を踏まえた金額設定にすることが望ましい。


搭乗者傷害保険

保険に加入しているクルマの搭乗者(運転者も含む)が、死亡、後遺障害、傷害に対応する保険。


自損事故保険

単独で自ら起こした事故で、運転者が死亡、傷害、後遺障害に対応した保険。


無保険車傷害保険

対人賠償責任保険など人に対する保険がついていないクルマとの事故により死亡、後遺傷害に対応した保険。


人身傷害補償保険

自らの過失の有無にかかわらず、本人や同乗者が受けた損害に対して補償される保険。


車両保険

保険に入っている自動車が損害にあった場合、その損害分を補償してくれる保険。保障される範囲には、自損事故、当て逃げ、火災、爆発、落書き、盗難、台風、洪水、高潮、他車との接触などがあります。保険金額はクルマの時価で決められる。



-自動車保険の節約術
-

Copyright© ユーザー車検に挑戦する方法! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.