高速道路料金の節約術

ETC取付方法

更新日:

ETC車載器を販売店で購入取り付けをすると、2万円前後は掛かります。高速代を節約しようとしているのに、これでは本末転倒。元が取れる迄に時間がかかってしまいます。

では、どうすればETC車載機の導入費用を安く済ませることができるか?節約カーライフを目指している者としては、自分で出来る事は、自分でやる!これしかないです。



それでは実際に、我が家の奥さん専用車の日産キューブにETC車載器を取付けた時のことを解りやすく紹介します。

これからETC車載器の取付けに挑戦しよう!と考えている方に参考になると思うのでご覧下さい。


ETC車載器の購入編

まず、ETC車載器を購入します。 ETC車載器でも紹介しましたが、一般のカー用遺品店で購入するとそれほど安くないので、ネットで探すことにしました。

ネットオークションかネットショップどちらで購入するか迷ったが、オークションでは落札までに手間と時間が掛かるので、ネットショップで購入することにしました。



ETC車載器は信頼できるメーカーを選択して、Panasonic製にしました。

ETC車載器のタイプは、あえて高いアンテナ分離式を選びました。選んだ理由は、やはりダッシュボードの上には取付けたくないと思ったから。これだけは多少高めでも譲れませんでした。



今回購入したのは、
Panasonic製
CY-ET906D(メーカー希望価格14,000円ETC車載器本体のみ)

このETC車載器は、もちろんセットアップ込みで、しかも助成制度の対象だからその分安いのでこれに決めました。



実際に購入を決めたのは、楽天市場のクルマ用品・バイク用品ランキングで常に上位をキープしているショップの商品を購入することにしました。

価格も同一ETC車載器でも最安値のらくらく導入キャンペーン対応の商品をを選びました。



購入は、楽天市場の購入手続きに沿って進めていきます。手続きが完了すると、ショップからメールが届きます。そのメールに必要事項を記入してスキャンした車検証のデータを貼付してメールで送ります。(車検証は郵送でも可能です)



メールで車検証データを送った方が商品到着が速くなります。この時は注文から土・日曜日を除いて2日目で商品が届きました。急いでいる方にもお勧めです。





中身をチェックします。ETC車載器セットアップ申込用紙・証明証、四輪車ETCらくらくキャンペーン助成金申込書などがしっかりと、まとめて入っていました。電源取り出しコードもちゃんと2本入っていました。保証書にはしっかりショップ印が押されていました。日付けが未記入と思いきや保証書シールが添付されていました。




  



部品に欠品はありませんでした。しっかりしたショップなので安心して取引ができました。



今回購入した商品の同等品はこちら★セットアップ込・CY-ET908D/KD★



-高速道路料金の節約術
-, ,

Copyright© ユーザー車検に挑戦する方法! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.