エコドライブ

車の減量

更新日:

普段からクルマに不要な荷物は積まない、クルマを軽くすることでエンジンの負担を軽減しましょう。

あなたはクルマを倉庫代わりにしていませんか?例えば、人が歩くのに沢山の荷物を背負って歩いた時と、何も持たずに歩くのでは、疲れ方がぜんぜん違いますよね。

クルマも同じです。重量が増えれば、エンジンや駆動部に負担が掛かり、消費も多くなってしまうのです。


ルーフにスキーやサーフボード、最近ではルーフボックス、自転車やカヌーなど幅広い用途で使われている便利なキャリアですが、普段の荷物がない状態でもバーやルーフボックスを屋根に載せたまま、そんなユーザーもいることでしょう。

そこでJAFが、おもしろいテスト結果を出しましたのでご覧下さい。


搭載物の違いによる燃費テスト
























































一般道

(平均速度43.9㎞/h)
高速道路80㎞/h

(平均速度72.9㎞/h)
高速道路100㎞/h

(平均速度87.9㎞/h)
平均燃費 

 (㎞/?)
燃費悪化率

A車基準・%
平均燃費 

 (㎞/?)
燃費悪化率

A車基準・%
平均燃費 

 (㎞/?)
燃費悪化率

A車基準・%
テスト車A

何も積まない
17.8 100.0 20.0 100.0 16.4 100.0
テスト車B

バーのみ搭載
17.7 101.1 19.4 103.0 16.0 103.0
テスト車C

バー、ルーフボックス搭載
17.6 101.1 19.4 103.0 15.9 103.2
テスト車D

バー、自転車2台搭載
16.8 105.8 17.7 112.6 14.0 117.2

テスト車の屋根に載せたバーやルーフボックスの空気抵抗が、燃費にどれだけ影響するのかを調べた。

テスト車の重量は一番重いテスト車Dに合わせた。

※データはJAFユーザーテストの結果です。この結果は、条件により異なることがあります。

JAF MATEより
<




このように空気抵抗の違いによる燃費の差は、速度が上がるにつれて大きくなる事がわかります。 バーを付けているだけでも燃費を悪くする原因です。普段は面倒でも、できるだけ取り外すようにしましょう。




-エコドライブ
-

Copyright© ユーザー車検に挑戦する方法! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.